So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

15年目のNEWS+ニッポン [NEWS]

ずっとフルでは聞いていなかったBLUEを今朝ようやく聞きました。
一人では聞きたくなかったので家族と一緒の時に流しました。

この歌詞の流れのなかで繰り返し聞こえてくる「ニッポン」という言葉に、突如
「ああ、今年はNEWS結成から15年目の節目の年で、そして、この曲も日本チームを応援する歌で。だから、わざわざこのニッポンというワードがはいったんじゃないのかな?」
という考えが閃き、とたんになぜか涙が溢れてしまいました。

ヒロイズムさんがそのように意図したがどうかはわかりませんが、このような状況でなければきっとその歌詞に15年前のデビューを重ねて、さらに盛り上がったんじゃないかなとひとりでしみじみしてしまいました。

浮上するにはもう少し時間が必要です。はい。

nice!(0)  コメント(0) 

NEWS LIVE「EPCOTIA」感想その2 [NEWS]

さて、新生NEWSの真骨頂が十分発揮されたEPCOTIA.
WHITE大阪公演の感想記事で書いた“進化した未来”がここにありました。
演出、構成も素晴らしかったですし、それを十分に表現したNEWSも素晴らしかった!

この記事では、項目別で私的萌えポイントをだらだらと書き綴っております。
推敲時間不十分で意味不明な箇所が多々あります。
いつものように想像力で補って読んでくださるようお願いします。

項目は以下となっています。
① 私的萌え演出場面
② 私的萌え衣装
③ 私的萌え声

ただ、③はまだ最後の部分が書ききれてないので、後日、別記事としてか、この記事の最後に追加したいと思います。





① 私的萌え演出場面

・NEWS史上1,2を争うオープニング!
美恋の初日(お城のセットのせり上がり)、NEVERLANDの汽車と同じぐらいかそれ以上のインパクトのあったオープニング!!これはほんっとうに素晴らしいっ!!
宙吊りですよ!宙吊り!!!
何度見ても、初めて見た時のような期待と感動が色褪せず、最終公演でも思わず泣きそうになるぐらい胸がいっぱいになったという点では、NEWS史上最高といってさしつかえないかもしれません。
また、このEPCOTIAという曲がいい!雄大でかつセンチメンタルでもあり・・アームストロング船長の声のあたりでまず胸がぎゅっとなるんでよ。うん、ヒロイズムさんすばらしーーーーい!

・オープニングに続く神秘的な赤と青の世界!
オープニングに続くKingdom、赤く燃ゆる太陽の世界観も最高でした!
異なる空間や神秘性を示すにはやっぱり赤しかない!
赤を基調とした世界に青いペンライトが浮かぶ神秘的で美しい景色で、「地上とはちがう世界に向かっている」という気持ちに自然となりました。
やっぱ赤は人間の本能にガツンとくる色ですね。テンション高くなりました!!

・LIVE! LIVE! LIVE!
大好きな曲があんな素敵な演出で歌われて、ほんっとこれ以上嬉しいことはないですね。
2010年に見にいったLIVEX3でのLIVEは、カラオケで尺がきまっているのが残念。生バンドならもっと違ったパフォーマンスになったんじゃないかなという感想だったので、今回いいパフォーマンスに上書きされて良かったです。
本当に、この歌をあの演出でやってくれてありがとう!!

・銀座ラプソディ〜Sweet Martini 〜Madoromi〜Jump Around〜Black Hole~Thunder〜氷温~AVALON~It’s You!
銀座ラプソディからのIt’s Youまでの流れが秀逸!!!ここ、NEWSステージ史上で一番好きかも。
こういう演出に演劇的な要素や流れがあるのは大好きなんです。
また、ここの歌は今までのNEWSでは少なかった要素をがっつりいりこんできていて、ファンとしてはNEWSの新しい面や大人のNEWSをしっかり堪能できました。

特にやられたーーーー!!と思ったのがThunder〜氷温。
増田さんが運んできた激しい雷雨が去ったあと、パーカーのフードをかぶって小走りにきたシゲさんが、雨が止んだことにきづいてフードを脱ぐ仕草をするんですが、そのちょっとした演出で、増田さんのパフォーマンスに雨をよりいっそう感じさせるし、シゲさん自身が書いた「傘を持たない蟻たちは」のタイトルを連想させる等々、多くのメッセージが読み取れました。なんて素敵な演出なんだーーーー!と心が震えました。



② 私的萌え衣装
どの衣装も素敵ですが、EPCOTIAのコンセプトを端的に表した高襟ジャケットは私的一押し!
オープニングの1曲だけのために作られているのが贅沢ですね。
この高い襟元のデザインが銀河鉄道999を連想させるのと、光沢のある不思議な材質感が宇宙感だしてていいんですよね。照明があたると群青や上品な紫など様々に変化する様子が絶妙。

また、2着目の赤の衣装は、特にシゲさんの衣装が宇宙っぽい!色もこれまた上品な赤です。
あと、SweetMartiniのときの金色のジャケットのシンプルなデザインとメタルを感じさせる質感が未来ぽくて〇!

そして、真打、あのシゲさんの写真を加工プリントしたコート!!
あのコートの不思議な模様はシゲさんの写真なんです。
MCによると、増田さんがメンバーにかっこいい写真を募集したそうですが、それにただ一人応募してくれたのがシゲさん。
シゲさんの写真(キューバでとった写真らしいです)を増田さんとシゲさんが2人でさらに絞り込んで、ジャケットにプリントしたそうです。
メンバーが撮った写真を衣装にする・・面白い発想です!
このコートについては、ぜひ元の写真とセットで説明してほしいですね!
来年も衣装展してほしいー!(でも抽選はやだな。行きたい人全員がみれるかたち(有料で可)にしてほしいなー)

あとAVALONの時の衣装も素敵だし、蛍光オレンジの衣装も〇!
要するに今年も素敵な衣装だったということです。はい。

増田さんはNEWSのライブ衣装はやめろといわれたらいつでもやめてもいいというようなこと言っておられますが、新しいNEWSのイメージは、彼がコーディネイトしデザインし、コンセプトを提供した衣装が大きく貢献しているのは間違いありません。
今後も「NEWS」のあるべき姿を衣装を通じて示してくれることを期待します!


ということで、③についてはまた後日。
おやすみなさい。

nice!(0)  コメント(0) 

NEWS LIVE「EPCOTIA」感想その1 [NEWS]

野外ステージ、新曲、ドラマ、舞台、いのちのうた等々NEWS関連の発表、申込みが続いていて息つく暇もありませんが、私の気持ちはまだまだEPCOTIAツアーにあります。
本当に充実した満足のいく1か月半でした(間違い発見!2か月半でなく、1か月半でした)。

あれから2W経ちますが、まだまだEPCOTIAツアーの余韻を引きずっております。
ふと気が付けば頭の中では常にステージで歌われた曲が流れています。
こういう感覚は本当に久しぶりです。

そんなEPCOTIAツアーの感想を先週末から、その時々に書きとめていたメモを元に書き始めたんですが・・・。あれも書きたいこれも書きたい!と内容が膨らみすぎて収集がつかなくなった状態のまま2週間目に突入しております(苦笑)。

このままではおそらく他の没記事のように、書き上げないまま放置になってしまったり、書きあげたものの掲載のタイミングを見失ってしまいそうなので、まとまりがないですが切りのいいとこまであげます!!

文のつながりのおかしい所、誤字脱字がいつものように多いですが、雰囲気で察してくださいませ。


まずはツアーの源となったアルバム「EPCOIA」についての感想から上げます。
これ抜きにはライブの感想は語れないので。


① アルバムEPCOTIAについて

最近は記事を書くだけの余力がほとんどなかったので、EPCOTIAのアルバムについても一切感想をあげていませんが、最初に聞いたときから、私的NEWS史上1位!素晴らしいコンセプトと力のある良曲(ソロを含めて)がそろったアルバムだと思っていました。

15周年イヤーにあえてベストアルバムを出さずに、「「NEWSにしかできないこと」「今の勢い」を見せたい」」を選択したメンバーとスタッフの決断に拍手!!

このアルバムの凄さは、新生NEWSの4人の長所と個性をしっかりと引出しつつ、宇宙旅行というコンセプトでグループとしてのまとまりや一体感を明確に出しているところ。
また、4人になってからのNEWSが前面に出ていますが、デビューから6人時代のNEWSを感じることができる曲をきちんと入れ込んできているのがいいです。絶妙です。
ほんっとNEWS結成15周年に相応しいアルバムだと感心します。

私は新生NEWSの活動がようやく始まった頃の記事に、新生NEWSは1+1+1+1=4+αの世界ではなっく、1+1+1+1=1の世界。つまり、4人の力でそれまでとは全くちがうNEWSを作り上げる必要があると書きました。

新生NEWSの1作目のアルバムNEWSではまだまだ旧体制の色が濃く、2作目のWHITEで、おぼろげながらも新生NEWSが目指す方向と、この4人でしか表現できないものが現れてきましたが、そこから3作目のEPCOTIAで、ようやく1+1+1+1=1の新しい世界が、高い完成度で示されたと感じています。涙。涙。涙。



②ライブ「EPCOTIA」全般
その素晴らしいアルバムEPCOTIAをひっさげたステージはこれまた私的には、NEWS史上1-2位ぐらいに充実した、ロマンと美しさに満ち溢れた空間でした。

特に今回の セットリストが私的には100点満点です!
前述したように、このEPCOTIAというアルバムが私の好みにぴったりだった上、大好きなLIVE, Sweet Martini, メガロマニア、madoromiが加わったことで、最強のセットリストになりましたです。はい!!


また、チームNEWSの力を強く感じた公演でもありました。
広島公演でプロデューサーさん、照明さん、演出家のAIRMANさんなどがカメラマンの方とともにMCで紹介されました。

4人体制になってからは、楽曲提供者の主軸はヒロイズムさん、振り付けは振り付け稼業さん。WHITEからはステージ演出も振り付け稼業さん。おそらくプロデューサーも一緒なのかな?これほど体制がしっかりとしていることが、この素晴らしいステージに繋がっていいるのかなと感じました。




で、ここからは私的大好きな演出、衣装、声などなどについて書きたいのですが、長すぎてまだ書き終わっていません。

ということで、続きは週末に!!
おやすみなさい。

nice!(0)  コメント(0) 

NEWS LIVE TOUR 2018 EPCOTIA 全日程終了。 [NEWS]

お久しぶりです。
宇宙旅行と仕事が忙しくご無沙汰しておりました。

昨日最後のフライトに搭乗し、本日無事に地元へと帰還しました。

札幌初日から最終地さいたまスーパーアリーナまでの2か月半強。
最高に楽しい宇宙旅行を経験しました!!

感動した歌、おもわずため息をついてしまうほどの美しい声、感動した曲、素晴らしい演出、衣装、衣装展等々本当に語りたいことが山盛りの本当に本当に素敵なライブショーでした。

で、不思議なことに、なぜか今回のツアーはテゴマスを強く感じました。
NEVERLANDからの繋がりを多く感じる演出や歌の数々だったはずなんですが、私はNEVERLANDよりも「美しい恋にするよ」ツアーを思い出すことが多かったです。

歌い方が変わったのか、そういう曲だからかどうなのか分かりませんが、「テゴマス」を聞いた時に感じるような彩りを感じられる声が多かったです!
今回はとくに手越さんの歌い方が変わったと感じました。

そして、声だけでなく二人の間のやりとりで「ほんと、この二人は歌で繋がっているんだなあ」とあらためて認識することもあり、NEWSコンに行ったはずなのに、テゴマスコンを聞きに行ったような感覚がうっすらとずっと残っています。。

と、まだまだ書き足りませんが、とりあえず明日も仕事があるのでここで一旦アップします。

続きは時間の余裕ができたら!!

ということで、お休みなさーい。











nice!(1)  コメント(0) 

春は別れの季節 [ジャニーズその他]

昨晩のエコパアリーナの余韻に浸っていたところ、家族から「すばる君が会見で退所を発表した!」と知らされました。その言葉の威力でいっぺんに目が覚めました。
そこからはすぐにネットを確認し、会見をみました。
すばる君の表情から、物凄い固い意志&決意が読み取ることができ、この選択しかなかったんだな、仕方なかったんだなあと得心しました。

そして、いろいろ思うことはありますが、こういう形でメンバーが揃って会見に臨んで、本人から決意や心情を話してくれたこと、今後の活動(個人、グループともに)についてしっかり語ってくれたことは、ファンにとっては本当に良かったと心から思います。(すばる君ファンの友人もあの会見を見て、仕方がなかったんだと思えたそうです。)

また、この件はいつまでも同じ形で続くものはないということも、思い出させてくれました。
ほんと一期一会なんですね。
その時、その瞬間を大切に楽しもうという思いがますます大きくなりました。








nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -